無料ブログはココログ

2016年8月25日 (木)

リオオリンピック良かった!

現地では色々と問題があったと耳にしますが、テレビで見る分には実に良いオリンピック

でしたね!!連日アドレナリンが噴射される日本選手の活躍がありました。

国対抗のスポーツ競技というのは、普段ほとんど意識することのない、国家の所属意識と

いうものが実に刺激されます。かなーり原始的なところで本能に訴えるものがある。

戦争の代替行為であるという話も、案外そうかもしれんと思ってしまいます。

また、今回のオリンピックは、終わっても、あの「祭りの後」的な寂しさが無く、なんつーか

こう、まだ祭りは続く!的な雰囲気があるじゃないですか!その辺も良いですよね。

次回がTOKYOだかんね。

ところで、リオ閉会式の東京オリンピックへの引継ぎセレモニー見ました?海外でもずい

ぶんと評判が良いようです。ドラえもんの地球貫通ドカンを安部マリオがくぐり抜けてリオに

登場という演出でした。個人的にはすごく面白かった。

ほんとにどうでもいいのですが、あの地球貫通ドカンが特許発明だったら、どこまでが特許

権侵害になるのでしょう。要は日本の領土領海は、平面的には比較的明らかですが、

地下はどこまで領土と言えるのかってことです。

ちなみに土地所有権についていうと民法規定上は上下に制限はありませんが、他法との

関係で上空300m、地下40mに制限されているようです。でも領土に制限は無いようです

よ(規定する条約無し)。すなわちマントルを貫いてコアに至るまで我が国における実施

ということになり、特許権侵害を主張できるってことになりますね!

2016年8月18日 (木)

夏風邪を引いたよう

夏風邪には主にエンテロウイルスに感染したケースと、アデノウイルスに感染した

ケースがあるそうです。エンテロウイルスの「エンテロ」とは腸のこと。夏風邪引

いてお腹がピーピーになった方はこっちっぽいですね。一方アデノウイルスの「アデ

ノ」とは喉のことらしいです。私は今回ノドから来たのでアデノさんの可能性高し。

何かこう、夏風邪ってのは潔ぎが良くない。一週間くらい前から、やたらダルかった

り微熱があったり、それでいてガクッと来ないので、これが老化というヤツか・・・

などと悲しくなっていたらここに来て爆発しました。安心しつつ死にそう。

2016年8月10日 (水)

論文受験者統計

平成28年度論文式筆記試験の受験統計が出ました。

受験者数が減っているのに論文受験者数が激増ww

例年、全論文受験資格者のうち実際に論文を受験するのは65%くらいと言われてい

ます。短答免除者でも論文を受験しない方が一定数いるのですが、どういうわけか

今年は皆さん本気だしてきましたね。今年の論文受験者数1,103人は受験資格者全体

の80%強です。

一方、想定されている口述試験受験者数は240人くらいとの噂。

ちなみに昨年度の論文受験者数は960人で、口述受験者数は330人でした。

論文試験が例年になく厳しい戦いになるかも知れませんね・・・

2016年8月 4日 (木)

夏は読書したい

関東も梅雨が空け、灼熱の8月が始まりました。

街を走る子供たちも既に真っ黒に日焼けしています。四季はそれぞれに、その季節

を象徴するイメージがありますが、蝉の声、入道雲、かき氷、海の家、向日葵、朝

顔、花火風鈴盆踊り…夏はとにかく夏の象徴の押し出しが強烈です。

春の桜や秋の月、冬の霜は確かに風情ですけど、不思議なもので夏のイメージはい

ずれもノスタルジーを伴うのですよね。

この時期に本屋に行くと「夏の文庫100冊」の棚が作られています。これも夏の風

詩ですね。読書感想文は嫌いでしたが、無性に小説が読みたくなります。

エアコンのガンガンに効いた喫茶店でアイスコーヒーを飲みつつ読書なぞ良いで

すねえ。

ところで、アマゾンが月額980円で電子書籍読み放題のサービスを開始するとのこ

と。うーん、めちゃめちゃ興味はある…

しかし、コンテンツはどのくらい揃っているのか…、洋書120万冊、日本語書籍12

冊と言うことですが、我が国の年間出版数が7万点位ですので、おそらく

メジャーどころのみなんでしょう。当然改正本なんてないよね・・・^^;

むしろ絶版本などが参照できれば即申込みなんですけど。とりあえずサービスが開

始されたら先遣調査隊行ってきます!

2016年7月28日 (木)

夏バテ予防に…茄子!

子供の頃は全く食指の動かなかったナスですが、以前大阪出身の友人から「水茄子

漬物セット」という、かなりハードルの高い土産を頂戴し、腐らせてもなんだから

と作ってみたそのときから私のナス愛が始まりました。なす美味ナス。

今がまさに旬、奈良時代にすでに漬物として食べられていた茄子。

夏バテ予防に抗ガン作用、見目麗しく縁起も良い。

皆さんも茄子食いナス。

ところで、去年から始まった農水省の地理的表示制度(GI)、今年の7月の時点で

まだ14件なのですね。7月12日に14件目の「吉川ナス」が登録されたと発表があっ

たのでネタにしなすた。

GIは弁理士試験の出題範囲ではないですが、商標法26条3項にGI関係の規定が26

改正で追加されていなす。

GI登録を行うメリットは色々ありなすけど、例えば吉川ナスについて地域団体商標

登録を受けた後に、GI登録を受けると、地団のみならば権利行使できた第三者に対

して26条3項を理由に権利行使が出来なくなる場合もあるということなすね~

使い分けが大切ということね。ちなみに14件のGI登録の内、地団の登録も受けてい

るものは7件。出願中が1件、GIのみが6件なす。

2016年7月21日 (木)

夏の注意

暑い日が続きますね。今朝起きたら頭がガンガンガンします。夏風邪とかでは無さ

そうなので、半分優しさで出来ているというあの頭痛薬を飲んだのですが、一向に

痛みが引きません。食事も無論、薬を飲むための水も余り喉を通らず。

とりあえず出社はしたものの、仕事になるか不安だったのですが、飲まず食わずで

は倒れてしまいそうなので、無理にペットボトルのお茶を一本飲み下しました。

5分もすると、今度は喉が渇きまくり、更にペットボトルを二本一気飲み。途端に

腹がものすごい減る、という経験をしました。

いわゆる脱水症状というヤツだったようです。脱水症状があると脳の血流が下がる

ため、脳の血管を拡張して血流を確保しようとするそうで、その血管拡張が頭痛を

引き起こすらしいです。この状態が続くと、脳自体に深刻なダメージを与え、死に

至ることもあるとか。

オソロシヤ脱水!

この時期はビールがうんまいですが、夜のBEERをより美味しくいただくために日中

に水を飲まないとか止めましょうね。相当危険らしいですよ。ビールは利尿作用が

強く、水分補給どころか脱水を促進しますので、ビール樽飲みの直後脱水で緊急搬

送などということも珍しくないそうです。

この時期は皆さんもマメに水分摂取。くれぐれもご注意ください。

2016年7月11日 (月)

論文試験お疲れさまでした

弁理士課の私のパソコンのウィンドウズをバージョンアップしたら、ネットにつながらなくなって
しまい、更新が遅れてしまいましたよ!
データがすっ飛んだとかじゃないので、まだ良かったですけど。
論文試験当日は暑かった・・・。論文が終わると同時にセミが鳴き始めましたね。
今年の論文試験も中々に難しかったように思えます。私もLEC中野の本社で解答出しの
お手伝いをさせていただきましたが、猛者ぞろいのスタッフも四苦八苦しながら解答出しを
 
しておりました。
 
ともかく皆さまお疲れさまでした。すぐに選択試験がありますので、選択を受験される方は
まだまだ気が抜けませんでしょうし、その後には口述試験も控えています。
なので、完全に夏休みモードというわけにはいかないでしょうが、6月中に相当無理をされた
方も多いものと思います。必須試験が終わって気が抜けた途端に体調を崩す方の話も良く
聞きます。
上手に休みを取りつつ、次の試験に向けて緊張感をキープしてください!

2016年6月30日 (木)

論文試験の心得!!

七月に・・・なります!!

はいっ!なりました!

早くも今年も折り返しです。はえぇ・・・早すぎるぜ。

そんでもって、論文試験がもう明後日。ざわ。ざわざわ。ざわざわっ。

みなさま論文試験の準備はいかがでしょうか。全然不安・・・ですよね。でも、大丈夫!

準備「万端」なんていう受験生は一人もいませんから。皆さん「自分なりに」どれだけ

やれたかですよ!!

・・・なんつう内容のうっすい応援しかできませんが、本当に悔いの無いようにがんばって

ください。

なんとなく一年目で短答通ってしまった方、ギリギリのところで受験を続けている方、

様々な環境の方がいらっしゃると思います。私の体感で申し訳ないのですが、公開模試

の答案などを見ていると、今年は総じて受験生のレベルが高いように感じます。

その中で合否を決するのは、当日のパフォーマンスも大。当日に「実力を出し切った感」

を得ることができれば、そのときはかなり良い戦いになっているはずです。

論文試験は相対評価も大きいので、今までの勉強も、他人を意識し、常に自分の

立ち位置を考えながら学習をしてこられたと思います。しかし、最後の壁は結局自分自身

を乗り越えることです。残りの数日は内省に立ち返り、自分の実力を120%出し切るための

調整をおこなってください!!

2016年6月23日 (木)

カウントダウン

論文試験まで10日を切りました。カウントダウン開始です。

といって、意識しすぎるのもなんですね。ダレ過ぎるのも問題外ですが。

いい緊張感を維持しながら無理をせず、なんていうのがスマート・・・ですけど。

わたしは出来ませんでしたね。最後の最後までガッツガツにガッツいてしまいました。

10日というのは、一体どの位のことが出来る期間なのか、受験生をやっていると感覚が

全く分からなくなってしまいます。

10日とは、例えば、普通免許を持っている人が、10日あれば中型自動二輪免許を取れます。

東京から出発し、自転車で北海道の端まで行けます。話によると、TOEICで200点上げら

れるらしいです。

何が言いたいのかというと、10日あればかなりのことができるのでは?ってことで^^

ゴールはすぐそこに見えています。あと少しあと少し、がんばってください!!

2016年6月16日 (木)

短答試験の合格発表

今年の短答試験合格者は557名!!去年より47名減ですが、短答受験者が去年より

687名減だったことを考えると中々の合格率。今年度の合格率は15.5%でした。

平成25年に短答の合格率が9.2%となったときは本気で殺しに来たかとオノノキましたが、

現実的な数字になってきましたね。

数年前までは、受験生間に「論文こそ本番」という共通認識があったの気がするのですが、

現在は短答試験の難易度が上がったためか、短答試験に合格すると、なんとなくそこで

一区切り、のような雰囲気がでてしまっているようにも思えます。

論文試験までもう後2週間。ジメッとした気候がまたテンションを下げますが、最後の

頑張り所です!!燃やせ小宇宙(コスモ)!!

«少なっ!!