« 体調にご注意! | トップページ | Trick or Treat! »

2016年10月20日 (木)

キャッチボール

最近友人とキャッチボールをやっています。

野球ボールを触るのも実に小学生のとき以来なのですが、捕球の感覚というのは

案外忘れないものです。しっかし、ボールを投げられないなげられない。

スピードガンで測定したら65km!遅っつ!そもそも肩がガチガチで回らんのです。

それから肩の柔軟を始めて、隔週くらいでキャッチボールを続けていたら、1年

ほどで80kmを越えるくらいにはなりました。来年は90kmを目指します。


さて、口述試験がいよいよ今週末となりました。皆様準備の程はいかがでしょう?

及ばずながら私も、口述模試の試験官役をやらせていただきましたが、皆さんよ

く勉強されているようですね。去年あたりから受験生のレベルが全体的に随分高く

なったように感じます。

以前は口述対策を全くしないまま模試に挑むような受験生が、毎年数人は確実に

いたものですが、そういう方がいないのですよ。一人も。

去年の口述合格率が高かったのは、受験生自体のレベルが上がったという理由も

確実にあります。体感では今年の合格率も高くなりそうです。


キャッチボールを続けて少しづつ球速が上がって行くのは嬉しいことですが、

それより相手の玉を捕り、自分の玉を相手が捕ってくれるという単純な繰り返し

が予想外に楽しいのですね。剛速球を投げることができなくとも、キャッチボール

はそれ自体価値がある。


口述試験は、いままで受けてきた短答・論文と異なり、目の前に対話の相手がい

ます。試験官を「問題を出し、合否を判断する装置」のように捉えると、口述は

ストラックアウトになりますが、試験官をキャッチボールの相手方として捉えれ

ば、少々の暴投もキャッチしてもらえます。

試験官を敵にするか味方にするかは受験生次第です。

カッコいい解答、打者を打ち取れるボールを投げる必要はありません。それより

も、気持ちと心をやわらかく持ち、試験官の投げたボールを正面で捕らえ、相手

に届くボールを投げてください。

がんばれがんばれと、無責任に皆さんの尻を叩き続けてまいりましたが、これが

最後のエールです。

がんばれがんばれ、がんばれがんばれがんばれーーーーーー!!!!!!

 

 

« 体調にご注意! | トップページ | Trick or Treat! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1959924/68038010

この記事へのトラックバック一覧です: キャッチボール:

« 体調にご注意! | トップページ | Trick or Treat! »