« メリクリ | トップページ | 平成29年弁理士試験公告がされました! »

2017年1月 5日 (木)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年もお持ち帰りの仕事をしながら年を越してしまいました。

元旦を答練問題作りながら迎えるとか、まったく今年も良い年になりそうです笑

最近は三が日でも、どこでも店が開いてますね。助かるっちゃあ助かるのですが、

自分も含めてこうワーカーホリックが溢れた社会は健全じゃないように思えます。

子供が暴れる我が家から、近所のコメダ珈琲に避難して仕事の続きなんぞをして

おりましたが、コメダ珈琲といえば、昨年末に和歌山の喫茶店に店舗外観の使用

差止の仮処分が認められる東京地裁判決が出ましたね。

和歌山県の「ミノスケ」が経営する「マサキ珈琲」の店舗外観が、「コメダ珈琲」

の店舗外観に酷似するというということで、店舗使用差止の仮処分が認められたと

いうものです。

確かに、店舗、内装、什器、備品など良く似ています。興味のある方は調べてみて

ください。

今回の事件で、コメダ珈琲は不正競争防止法2条1項1号に基づきマサキ珈琲の

店舗使用中止を求めたものと考えられますが、他に建築物の外観の保護を考えると、

著作権法による保護や、商標法による立体商標の保護も想定できます。

著作権として建築物を保護するためには、思想感情を表現した独創的な建築物で

ある必要があります。また、商標法で建築物を保護しようと考えると、建築物その

ものとしての保護は困難であり、東京タワーの形状を東京タワー内の店舗の出所

表示として使用し、かつ著名性が要求されるなど非常にハードルが高いものになります。

マサキ珈琲とコメダ珈琲は使用する商標自体は似ていませんし、店舗外観に著作物

性があるとも言えません。

知的財産権法は各法律が補完的な関係にあります。日常において接する問題を法域

横断的に考えてみることで、知的財産というものがより立体的に理解できると思い

ます。

« メリクリ | トップページ | 平成29年弁理士試験公告がされました! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1959924/69127617

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« メリクリ | トップページ | 平成29年弁理士試験公告がされました! »