« 平成30年度法改正情報速報 | トップページ | 今年の短答は難しい? »

2018年3月29日 (木)

中野は桜がきれいです

中野駅のホーム下を通る中野街道の、中野駅北口側は桜並木になっておりまして、

この時期になると桜の大樹が見事な花を咲かせます。

弁理士試験的には5月にはもう短答試験なので、桜は10月までの長い戦いの

開始を告げる号砲です。知り合いの受験生はここ数年で桜が嫌いになったといっていまし

た(笑)。

4月は年度の初めとして、心機一転気持ちも新たにがんばろう、という気になりますが、

この「年度」というのは一体なんなんでしょうね。

軽く調べてみると(ググッただけですが)、明治時代からの慣習らしいです。

国の「会計年度」として、農家が秋に収穫した米を現金化し納税するのに6月ぐらい

あると便宜とのこと。明治政府にとって影響力の強かったイギリスの会計年度が4月から

だったことも影響しているらしいです。ほーん。

« 平成30年度法改正情報速報 | トップページ | 今年の短答は難しい? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1959924/73200400

この記事へのトラックバック一覧です: 中野は桜がきれいです:

« 平成30年度法改正情報速報 | トップページ | 今年の短答は難しい? »