« 平成30年論文試験について② | トップページ | 9月21日 »

2018年8月23日 (木)

夏が過ぎかぜあざみ

かぜあざみってなんですかね。皆様ご無沙汰しております。前回のブログ更新が一ヶ月前という、この夏休みっぷり・・・

これはLEC弁理士課がだらしないのではなく、ブログ担当者がだらしないだけなのでその点ヨロピク。

この夏にボロボロっと法改正の情報がでてきました。新規性喪失の例外期間が1年になる、というのはもう皆様ご存知のことと思います。

それとは別に、期間補償のための存続期間の延長制度が導入されます。これらはいずれもTPPの要請によるものです。(特許庁HP「TPP協定を担保するための特許法改正について」参照)

また8月6日の第6回意匠制度小委員会において「意匠制度の見直しの課題検討」がなされました。現実的な改正はまだ先のことになりそうですが、次回の法改正はかなり大規模なものになりそうです。改正が検討されている内容については、特許庁HPから「第6回意匠制度小委員会議事次第」で検索をかけてみてください。

« 平成30年論文試験について② | トップページ | 9月21日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1959924/74087761

この記事へのトラックバック一覧です: 夏が過ぎかぜあざみ:

« 平成30年論文試験について② | トップページ | 9月21日 »