« 夏が過ぎかぜあざみ | トップページ

2018年9月21日 (金)

9月21日

論文試験の結果発表が近づいてきました。発表三日前くらいになるとソワって仕事が手につかなくなりますよね?私はなりました小者だからでしょうか。

「ぐわっはっは、発表日とかすっかり忘れとったわい。合格通知がきてから初めて思い出したばい」みたいな方がたまにいますけど絶対嘘ですよね。学生の頃そういうタイプの友人に金借りたとき鬼の取立てでしたし。

 

さて、秋口も深まり9月ももう終盤です。弁理士課は、口述対策、Lゼミ、翌年の実戦答練などの準備でかなーり慌しくなっております。毎年口述本試験会場で口述乱取道場をやっていましたが諸般の事情により今年は開催しないことになりました。乱取の設営等がいらなくなったので負担は減りましたが恒例講座がなくなるのは少々寂しいものがあります。

 

口述試験については永らく、「用意された問題について、どうにかして最後まで行けば合格、行かなければ不合格」という運営がされていましたが、昨年度の受験生の話を聞くと、2科目以上、明らかに最後まで行ってない方でも合格されています。

去年の試験方針が継続するのならば、「なんとしても最後まで」という姿勢で試験に臨む必要はなくなります。それよりもなによりも「適切なコミュニケーション」が全てと言ってもよいので、これからの口述試験までの学習は、坐ってテキストの内容を覚えるようなものではなく、とにかく聞いて話す、という練習をしませう。

« 夏が過ぎかぜあざみ | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1959924/74246692

この記事へのトラックバック一覧です: 9月21日:

« 夏が過ぎかぜあざみ | トップページ